社会保険労務士合格体験記パート5

<プロフィール・勉強法>
■30代 男性
■通信教育・900時間(勉強時間)

2回不合格の末に
私は、今まで社労士の試験を2回受験して、2度とも不合格になりました。
一応通信講座を受講していたのですが、そこは講義が付いておらず、
知識をしっかりと理解できていなかったことが原因だと思います。
そこで、講義が付いている通信講座に変えて、再度挑戦しました。
その通信講座は講義が付いているのにも関わらず、以前の通信講座よりも受講料が安く
内容も充実していました。

毎日勉強する習慣を付ける
11月から勉強をはじめて、毎日2時間勉強する事を心がけました。
ただ、時には仕事の疲れやモチベーションが上がらない時もありましたので、
そうした時は、1時間くらいしか勉強しませんでした。
それでも毎日勉強することは心がけていましたので、まったく勉強しない日はありませんでした。

講義を繰り返し聞く
私の勉強の基本は、講義を繰り返し聞くことです。
自宅にいる時は、DVD講義、外出先ではCD講義をMP3プレーヤーに落として聞いていました。
前回受講した通信講座は、テキストだけだったので、
今までどれだけ解釈が間違っていたのか改めて感じました。

講義を一通り聞いたら、次にミニテストを行い、どれだけ知識を理解しているか
確認しながら問題を解いていきます。
間違った問題があれば、もう一度講義とテキストを使い復習し、
さらにノートに書いて理解を深めていきました。
こうした勉強を何度も繰り返して学習を理解しました。

5月からは過去問の猛勉強
5月に入って過去問演習をしていきました。
自宅だけだと集中力が続かず、挫折しそうになったので、図書館へ行って、
休日は8時間勉強していました。 この時は、主に択一式の過去問が中心です。

そして、社労士に合格することが出来ました。

■これから社会保険労務士の勉強をする方にアドバイス
人それぞれ勉強のやり方は違うと思いますが、
私は正しく知識を理解して、何度も繰り返し勉強することが重要だと思います。
社労士に合格して感じたのは、出題範囲は広いですが、
実際の試験に出題される問題は、定番的な知識ばかり問われます。
ですので、あれもこれも覚えようとするのではなく、少ない知識を確実に覚えるために
ひたすら復習することが合格するために必要だと感じました。
少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

続き⇒合格するための絶対条件