社会保険労務士独学でのテキスト選び!

ここでは、社会保険労務士に独学で勉強する方のテキスト選びを紹介していこうと思います。
自分と相性の良いテキストを選ぶ事ができれば、効果的な学習をすることが出来ます。

予め申し上げると、ここでは具体的な著書名を上げません。
何故なら、テキストには相性があり、人それぞれ良いテキストが異なるからです。

良くある失敗ケースとして、口コミを鵜呑みにして購入してしまう人です。
しかし、口コミをする人は、購入者のわずか数%で、
その人達が良いといっても、他の人は良いと感じてないかも知れません。

社会保険労務士のテキスト選びで重要なのは、どのテキストが良いのではなく、
どういったテキストが良いのかということです。
そのマインドがなければ、テキストを選びは失敗してしまいます。

それでは、どのようなテキストが良いのかというと、

●内容の薄い基本的なことしか載っていないテキスト

社会保険労務士は出題範囲が広いので、
まともなテキストを購入すれば、物凄い分量になります。

しかし、はじめからそのようなテキストで勉強してしまうと、
高い確率で挫折してしまいます。

社会保険労務士で重要なのは、まず挫折しない事です。
挫折してしまったら、どんなテキストを購入しても意味がなくなります。

ですから、はじめは分かりやすい基礎的なことしか載っていないテキストを購入して、
そのテキストをクリアーできれば、内容が充実したテキストを購入すれば良いのです。

しかし、これだけは理解して欲しいのですが、
市販されているテキストは宣伝を目的として作られているので、
そこまで内容の濃いものはありません。

もし、市販されているテキストで皆合格してしまったら、
テキストを発行している学校の経営が成り立たなくなります。

そうした裏の事情もあるので、市販されているテキストにあまり期待しないで下さい。

続き⇒社会保険労務士通信教育ランキング