社会保険労務士の受験資格は第一に確かめよう

社会保険労務士試験は、受験資格が厳正に規定されている試験です。

社会保険労務士試験に見事合格を果たした成功者たちも、当然ですがその受験資格を満たしています。社会保険労務士の仕事は、注目に値するポイントがたくさんあるため、今のようなネット全盛の時代においては自然と世間の関心を集めているのですが、そうなれば当然「私も受けてみようかな」「私も社会保険労務士になりたい」なんて考え出す人も出てきますね。

しかし、目指そうと決める前に社会保険労務士試験の受験資格が自分にあるのか、真っ先に確かめないといけません。その受験資格は、正確に書こうとすると非常に長くなってしまいます(毎年、受験要綱が発表されますからその際に最新の受験資格の概要をチェックする必要があるでしょう)。毎年、受験資格が変更されているわけではないのですが「学歴」や「職務経験」等の条件がよく使われています。

このうち「職務経験」で満たすのは非常に厳しいです。特別な職業に長年従事していた経験や、もっと難しい資格を獲得していないといけないからです。

ほとんどの受験者は、学歴で満たそうとするはずです。専門学校や専修学校で満たすこともできますが、これについてはかなり複雑に規制されています。
大学卒業資格についてはあまり厳しくないため、こちらで満たすケースの方が主流でしょう。

社会保険労務士になることに興味があるなら、受験資格については必ず初めのうちに正確な確認作業を済ませておくべきですね。

続き⇒受験科目や出題形式